予防歯科

虫歯や歯周病の対策には、治療よりも予防が大切です。
患者さまの意識や自分の歯への接し方で大きく変わります。

オーラルケア・定期検診

予防歯科は、歯科医と患者さまと、双方によるケアが虫歯や歯周病の予防につながります。
どちらが欠けても健康な歯は得られません。
毎日のケアでも残った目に見えないプラークは、定期的な検診でこまめに落とすと歯にも経済的にも負担がかかりません。
近年では定期検診によって、老年期の歯の残存率が大きく変わることが様々な研究で証明されています。
年を取っても自分自身の歯で、おいしく食べ物を噛み締めたいものです。

歯周病の治療

歯周病菌が歯と歯肉の間に入り込み、 歯を支えている組織に炎症を引き起こすことで歯周病が進行します。虫歯と同様、適切なブラッシングと定期検診による予防が重要です。
歯周病になによりも効果的なのは、皆様の毎日のケアと早期発見です。

歯周病の進行

歯周病と全身疾患

「担当制」歯科衛生士システム

歯科衛生士は「歯医者の看護婦さん」にあたります。歯科医のサポートだけでなく、予防歯科分野では患者さまの歯を守るために歯周病治療、プラーク除去、定期検診やスケジュールの管理と大活躍しております。当院では各患者さまひとりひとりを歯科衛生士が「担当」させて頂きます。
来院の際だけでなく、患者さまの歯を良く知り、長期的なスケジュールとライフサイクルを一元管理することで責任と信頼ある医療体制につながると考えております。
患者さまとの相互の信頼やコミュミケーションが、末永く健康な歯を生み出します。

スケーラーへのこだわり

スケーラーとは歯石(プラーク)を取るための道具です。プラークは小さな細菌のかたまりで出来ていて虫歯や歯周病の原因にもなっていますが、硬いために歯みがきだけでは除去できません。そのためにスケーラーが開発されました。超音波スケーラー、ハンドスケーラーなど様々な種類があり、どれも歯にとって最も効果的に活用出来る場面があります。
当院ではまず、超音波スケーラーによってすべての歯面を磨き上げ、まんべんなく歯石を落としたあとにハンドスケーラーにて超音波スケーラーの届きにくい隙間や細部の歯石をじっくりていねいに除去していきます。昨今は作業効率を重視し超音波スケーラーだけの歯科医院も多いのですが、それでは歯石を完全に除去しきれず、患者さまと歯のためにはなりません。
どんなに技術や機械が進歩しても、最終的には人間の手による作業が一番確実と考えております。

当院ではホームケアを最大限にサポートしております

虫歯・歯周病を予防するためには患者さまのホームケアも重要です。毎日の歯みがきひとつ取っても、「磨けばそれでいい」とおざなりになってはいないでしょうか。歯科医のサポートなくして患者さまの意識のみでは、歯を磨いたという行為だけで満足してしまい、肝心の汚れが落ちていなかったり、歯ぐきを痛めてしまったりということも多々あります。
ブラッシングにも、歯にとって適切に汚れを落とすブラッシング法があります。何よりも患者さまご自身に実践していただくことが、歯の健康への第一歩です。
合わせて歯間ブラシやデンタルフロスなどのホームケアツールも正しい使い方をお伝えします。